乱打戦もお互い先発投手に収穫あり

先発・長野健大(松商学園)

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 

 昨夏、昨秋ともにベスト8の松商学園はこの夏、3年生だけで臨む。足立修監督によると、昨年のメンバーは今の3年生と2年生が半々出ており、今の2年には好遊撃手・熊谷大生がいる。今回の遠征では実力ある2年生も帯同せず3年生だけで試合に臨んでいる。

 健大高崎戦の先発マウンドに登ったのは今年のチームのエース格として期待される長野健大だ。これまで故障に苦しんでいた時期があり、しっかりと投げられるようになったのは今年からだ。

 内回りの旋回から大きく振り下ろすオーバーハンド。常時135キロ前後・最速139キロの速球は角度があり、夏では140キロ超えも期待できるかもしれない。120キロ前半のスライダー、縦系統の変化球の精度も素晴らしく、7回まで3失点を喫したが、エラー絡みのものがあり、投球内容はさすが今年の松商学園のエースと思わせるものがあった。

 また健大高崎の先発・朝井 優太も好投。ボールを受け取ってから数秒で投球動作に入る高速テンポ投球で次々とストライクをとり、優位に持っていく投球スタイル。右スリークォーターから一気に腕が出てくるフォームで、タイミングがとりにくい。135キロ前後の速球は回転数が高く、思わず差し込まれてしまう。120キロ前後のスライダーも低めに集め、朝井は5回1失点の好投を見せた。

 テンポの良い投手戦から一転。7回裏には松商学園が3番二村兼登の本塁打などで一挙5得点を奪い逆転に成功したが、8回表、健大高崎も8得点を奪うビッグイニングで、11対6。健大高崎の2番手・桜井秀太は4イニングで計6失点を喫したが、最速140キロをマークするなど、力強い速球を披露。投球が単調になるところはあるが、夏の独自大会前に課題が見つかったのは良かったかもしれない。

 11対7と乱戦になったが1つずつ見ていくとお互いに収穫があった。

 松商学園はエース・長野や上位打線の無駄のないスイング軌道で次々と安打を打ち分ける技術の高さは素晴らしいものがあり、足立監督は「今年はつないでいくチームです」と語るように、この集中打を独自大会で発揮すれば、今年も怖い存在となりそうだ。

(取材=河嶋 宗一)