長打攻勢で快勝・川内

 川内は2回、一死から5番・上畠康太郎(3年)のソロホームランで先制する。

 4回裏は二死二塁から5番・上畠のライト前タイムリー、6番・山ノ内成哉(2年)のセンターオーバー二塁打で2点を追加した。

 6回裏には2番・宇都晴翔(2年)が先頭打者ホームランで口火を切り、4番・福永碧斗(2年)のセンター前タイムリー、8番・大山魁斗(2年)のレフトオーバー二塁打などで4点をダメ押して主導権を手繰り寄せた。

 7回二死まで無得点に抑えられ、後がなくなった出水商だったが、そこから連打でチャンスを作り、3番・中村斗空(3年)のライト前タイムリーで1点を返し、コールドを阻止した。

(文=政 純一郎)