7回に一矢報いる・出水工

 れいめいは初回、2番・太利心主将(3年)のセンター前タイムリー、5番・宝満達哉(3年)のセンターオーバー二塁打で2点を先取した。

 5回には5番・宝満の走者一掃ライトオーバー三塁打など4安打を集中し5点を挙げて大きくリードを広げた。

 劣勢を強いられた出水工だったが7回、6番・松本虎太朗(2年)からの3連打で1点を返し、コールドを阻止すると、連続押し出し、3番・松下純也主将(3年)のレフト前タイムリー、暴投で計5点を挙げ、一気に2点差に詰め寄った。

 だが、れいめい打線も火が付き、7回裏に4点を追加。8回は4番・花田清志(3年)が2ランを放ち、一気にコールド勝ちを決めた。

(文=政 純一郎)