4回に集中打・鹿児島実

 2回までは両者無得点。均衡が破れたのは3回裏だった。

 鹿児島実は一死満塁から4番・古川颯志(3年)の犠牲フライで先制点を挙げた。

 4回裏は先頭の6番・文田修斗(3年)がレフトオーバー二塁打で出塁。8番・瀬戸口大輝(3年)のセンター前タイムリーを皮切りに4連打を浴びせ、相手のエラーも絡んで5点を挙げて主導権を握った。

 6回は3番・坂本大心(3年)の走者一掃ライトオーバー三塁打などで3点をダメ押した。

 ラ・サールは鹿児島実の3投手陣の継投の前に散発3安打に封じられ、本塁が遠かった。

(文=政 純一郎)