2番・竹内が打と足で活躍・甲南

 甲南は2回裏、一死三塁で6番・田淵陽喬(3年)が犠牲フライを放ち、無安打で先制した。

 3回裏は二死二塁で2番・竹内颯資(3年)がセンタオーバーのタイムリー二塁打を放ち追加点を挙げた。

 その後は追加点が奪えなかったが、先発の山村右(3年)が鹿児島中央打線を8回まで散発5安打に抑え得点を与えたなかった。

 8回裏、甲南は二死から2番・竹内がレフト線二塁打を放ち、三盗を決め、暴投で待望の追加点を得た。

 9回表、後がなくなった鹿児島中央は一死二塁とチャンスを作り、途中出場の8番・福元心太郎(2年)がセンター前タイムリーを放ち、ようやく一矢報いる。二死一塁から1番・中川翼(3年)がライトオーバー二塁打を放ち、一打同点のチャンスを作ったが、反撃もここまでだった。

(文=政 純一郎)