大赦が投打で活躍!・松陽

 鹿児島情報は初回、一死から2番・野村健人(3年)、3番・遠山優主将(3年)の連続二塁打で先制し、6番・本田堅斗(3年)もレフトオーバー二塁打を放ち、長打攻勢で幸先良く3点を先取する。2回以降追加点が奪えなかったが5回裏、相手のエラーで貴重な追加点を得る。

 6回まで毎回のように走者を出してチャンスを作りながらも、なかなか得点できずに劣勢を強いられていた松陽が終盤で粘りをみせる。

 7回表、3四死球で一死満塁とし、相手のエラーなどで2点を返すと、5回から好リリーフを見せていた6番・大赦京士郎(3年)がレフト前に2点タイムリーを放って一気に同点に追いついた。

 8回にも相手のエラーで松陽が勝ち越す。尻上がりに調子を上げた大赦は8、9回を三者凡退で打ち取り、貴重な逆転勝利の投打の立役者となった。

(文=政 純一郎)