3番・二階が3打点の活躍・鹿児島商

 鹿児島商と鹿児島南。実力校同士の対戦は鹿児島商・山本直樹(3年)、鹿児島南・菊永昂也(3年)、両エースの好投と粘り強い守備で中盤まで両者がっぷりよつの見ごたえある展開だった。

 先制したのは鹿児島商。3回裏に3番・二階航陽(3年)、7番・齊藤優一朗(2年)のタイムリーで2点を先取する。

 鹿児島南は5回表、一死満塁と下位打線でチャンスを作り、押し出しと1番・赤池卓哉(3年)の犠牲フライで同点に追いついた。

 7回裏、鹿児島商は二死からチャンスを作って暴投で勝ち越す。

 8回にはやはり二死から一二塁とチャンスを作り3番・二階が走者一掃の三塁打を放ちダメ押した。二階は4安打3打点の活躍だった。

(文=政 純一郎)