「高校初アーチ」で援護射撃!・鹿児島商

3ランを放った二階航陽(鹿児島商)

 池田は2回、二死二塁から8番・熊迫真一翔主将(3年)のレフト前タイムリーで先制する。
 鹿児島商は3回裏、4番・山本直樹(3年)のセンター前タイムリーで同点に追いついた。

 6回表、池田は9番・福森大晟(3年)の内野安打で再び勝ち越す。
 7回裏、鹿児島商は3番・二階航陽(3年)の3ラン、代打・児玉大智(3年)の2ランで大きく流れを引き寄せると、8回裏には4連打を浴びせ、最後は力投を続けた4番・山本直の犠牲フライで7点差とし、コールド勝ちを決めた。

「高校、初ホームランでした!」
 鹿児島商の3番・二階は満面の笑みで7回の起死回生の3ランを振り返った。7回の2発のアーチで終盤畳みかけ、昨秋8強の強敵・池田にコールド勝ちした。

 立ち上がりから互いにチャンスを作りながらも、両エースの力投の前に打線の援護がない我慢の展開だった。1点ビハインドで迎えた7回裏一死二三塁の場面。二階は「後ろにつなぐ」「山本直を助けたい」2つの気持ちを抱えて打席に立った。

 左腕エース山本直は前日の鹿児島南に続く連投。その疲労がありながらも懸命にピンチをしのぐ力投をみせるエースのためにも、捕手でリードしている自分が何とかしてやりたい気持ちが強かった。真ん中低めの変化球をうまくすくい上げると、打球はレフトスタンドに大きな放物線を描いて吸い込まれた。その気持ちが乗り移ったように代打・児玉も2ランを放ち、一気に主導権を手繰り寄せた。

 「自分たちは接戦に弱い。詰めが甘い」ことがチームの課題だったと二階は言う。昨秋は県大会初戦で枕崎に序盤リードしながら終盤1点差で逆転負けだった。「グラウンドに入ったら自分の限界を決めずに自分を高めていく」ことを信条に掲げる横田真之監督が就任し、自分たちの弱点克服に向き合ってきた。

 池田戦、6回に勝ち越し点を許したが「今までならあそこで踏ん張れずに負けていたけれど、最少失点で切り抜けられた」ことに二階はチームの成長を感じたという。7回のホームランに満足することなく、8回もタイムリー二塁打を放ち、力投を続けた4番・山本直がとどめの犠牲フライを放ってコールドゲームで寄り切った。

(文=政 純一郎)