元主将が走者一掃三塁打!種子島が決勝トーナメントへ!

 熊毛地区の代表を決める決定戦は1点を争う緊迫した好ゲームとなった。
 先制したのは種子島。2回表に7番・沖田善(2年)のセンター前タイムリーで先制すると、5回には2番・持田空(3年)のレフト前タイムリーで追加点を挙げた。

 7回表、種子島は二死満塁とビッグチャンスを作ると、3番・寺元一馬主将(3年)が走者一掃となるレフトオーバー三塁打を放ち、3点を追加して大きく主導権を手繰り寄せた。

 屋久島は初回、2回と併殺でチャンスを生かせず、力投するエース渡邉楽生(3年)をなかなか援護できなかったが、7回裏に二死満塁とすると8番・能勢優(2年)がライト前2点タイムリーを放ち、返球が乱れる間に一走も生還。一気に2点差に詰め寄った。

 8、9回と先頭打者が出塁し、屋久島が粘りを見せたが、種子島のエース・榎本海斗(3年)が後続を断ち、種子島が決勝トーナメント進出を決めた。

(文=政 純一郎)