4番・鮫島が4打点の活躍・武岡台

 武岡台は初回、4番・鮫島理暉斗(3年)のセンター前タイムリーに相手のエラーが重なって、2点を先取した。
 4回表は4番・鮫島の走者一掃のライトオーバー三塁打など打者11人、5安打を集中し大量8点を奪って大きく流れを手繰り寄せた。

 鮫島はライト前タイムリーを放っており、4安打4打点と大当たりで打線をけん引した。

 志學館・鹿児島修学館は4回に4番・肱黒啓矢(2年)のレフト前ヒットなどで二死満塁のチャンスを作ったが、ものにできなかった。

(文=政 純一郎)