8回で決める・川内商工

 川内商工・有川修斗(3年)、出水中央・石元雄太(2年)、両エースの好投などで8回表まで互いに0行進が続く、緊迫した展開となった。

 均衡が破れたのは8回裏、川内商工は一死満塁として4番・有川大翔(3年)が走者一掃のレフトオーバー二塁打を放ち、待望の先制点を挙げた。5番・岩田光瑠(3年)にもタイムリー二塁打が出るなど、打線がつながり、一挙5点を挙げた。

 9回表は8回からリリーフした武田裕紀(3年)が三者凡退で打ち取り、完封リレーを達成した。

(文=政 純一郎)