2番・中道が4打点の活躍・出水

 立ち上がり、川薩清修館は一死満塁の先制機を作り、5番・砂子田悠斗(2年)がスクイズを決めて先制した。

 4回裏、1点を追いかける出水は代打・宮田光陽(3年)のライト前タイムリーで同点に追いつく。さらにチャンスを広げ、2番・中道陽翔(3年)が走者一掃のセンターオーバー三塁打を放ち、返球が乱れる間に中道も生還し、計4点を挙げて逆転に成功した。

 川薩清修館は5回に7番・森山景介(1年)、6回に2番・笹森由記主将(3年)のタイムリーで1点ずつ返して1点差に詰め寄る。

 出水は6、7回と2番・中道がタイムリーを放つなどで再び突き放す。中道は4安打4打点の大活躍だった。

 8回裏、集中打を浴びせ、最後は力投を続けたエース山﨑叶登(3年)がレフト前に2点タイムリーを放ち、7点差としてコールド勝ちを決めた。

(文=政 純一郎)