シーソーゲームを制す・鹿児島工

 点を取っては取り返すシーソーゲームが終盤まで続いた。

 1対1の同点で迎えた3回表、鹿児島工は二死からチャンスを作り、6番・重信聡史(3年)のレフトオーバー二塁打で勝ち越すが、その裏、錦江湾も二死からチャンスを作り、4番・前畑亜隆(2年)のセンター前タイムリーで同点に追いついた。

 5回表、鹿児島工は6番・重信の2ランで勝ち越したが、その裏、錦江湾はスクイズと相手のエラーで食らいつく。

 6回表、鹿児島工は一死満塁から3番・坂上将臣(3年)の満塁ホームランで大きく勝ち越し、7回にも1点を加え、点差を5点とした。

 5点差を追いかける錦江湾は7回裏、2安打と当たっていた4番・前畑がレフト前タイムリーを放って粘りを見せる。

 9回裏も先頭の1番・畠中雅史(3年)がセンターオーバー二塁打を放ち、3番・中原総司主将(3年)の内野ゴロで3点差まで詰め寄ったが、反撃もここまでだった。

(文=政 純一郎)