6回裏に畳みかける・樟南

 樟南は2回裏、二死二三塁として9番・上木大貴(3年)のライトオーバー二塁打で2点を先制する。

 4回裏は5番・神山颯太主将(3年)のレフトオーバー2点タイムリー二塁打など打者10人の猛攻で5点を挙げ大きく突き放した。

 防戦一方だった松陽だったが、6回表に一死二三塁とし3番・奥田伊吹(3年)のライト前タイムリーで1点を返す。

 その裏、樟南は打者10人、5安打に4四死球も絡み、大量8点を挙げ一気にコールド勝ちを決めた。なお通常コールド勝ちは5回10点差が規定だが、今大会は5回15点となっている。

(文=政 純一郎)