4番・永井が2打点・鹿児島玉龍

 4回まで互いにチャンスは作りながらも、鹿児島玉龍・末永悠翔(3年)、鹿児島・加治屋翔太(3年)、両エースの好投と粘り強い守備で両者無得点だった。

 均衡が破れたのは5回裏、鹿児島玉龍は一死一二塁として4番・永井克幸(3年)がセンターオーバーの2点タイムリー二塁打を放って先制した。さらにチャンスが広がり、押し出しで3点目を挙げた。

 中盤、打線が沈黙した鹿児島は9回、先頭の3番・鶴田 康太主将(3年)がライト前ヒットで出塁し、四球で続いて一二塁と反撃の糸口を作ったが、併殺で倒れ、1点が遠かった。

(文=政 純一郎)