終盤に猛追・志布志

 1点リードで迎えた3回裏、鹿屋工は一死二三塁とチャンスを作り、6番・松山空悟(3年)のレフト前タイムリー、7番・川井田雅典(3年)の内野安打、8番・坂之上幸遥(3年)のスクイズと下位打線で畳みかけ、計4点を奪った。

 5、6回にも追加点を挙げ、点差を7点とした。

 7回表、後がなくなった志布志は2番・山重優佑精(3年)のライト線三塁打で1点を返し、コールドを阻止する。

 8回には二死満塁から2番・山重が2打席連続となる走者一掃のライトオーバー三塁打を放つなど4点を加点。2点差まで詰め寄った。

 9回も先頭打者が出塁し、ムードは盛り上がったが反撃もここまでだった。

(文=政 純一郎)