6安打7得点、効率良く加点・鹿屋中央

 1回裏、鹿屋中央は3番・吐合航洋(3年)のセンター前タイムリーで先制した。

 3回、二死一二塁とすると、5番・北園玲央(3年)がセンターオーバーの2点タイムリー二塁打を放った。

 5回裏は下位打線でチャンスを作り、3連続四球押し出し、併殺崩れ、1番・山本 聖主将(3年)のレフトオーバー二塁打で計4点を挙げた。

 鹿屋農は、5、7回以外は走者を出し、再三得点機は作るもタイムリーが出なかった。

 6安打7得点と効率良く加点した鹿屋中央が快勝だった。

(文=政 純一郎)