終盤追い上げも力尽きる・尚志館

 立ち上がり、尚志館は1番・竹之下零士(2年)、3番・竹之内大(3年)、2本の二塁打で先制する。

 4回裏、鹿屋は一死三塁で7番・小薄福也(3年)が犠牲フライを放ち同点に追いついた。7回は3連打を浴びせ、1番・末永慶人(3年)のセンター前タイムリーで勝ち越した。

 尚志館は9回表、二死二塁で代打・久保考輝(3年)がタイムリー二塁打を放って土壇場で試合を振り出しに戻した。

 9回で決着がつかず、今大会初のタイブレーク方式の延長戦に突入。表の尚志館は4番・大迫龍斉(2年)のレフト前タイムリーで2点を勝ち越し、一気に流れを手繰り寄せたかと思われた。

 その裏、鹿屋は内野安打、連続四死球押出しですぐさま同点。最後は6番・柳谷琉空(3年)の内野安打で劇的なサヨナラ勝ち。力投を続けたエース川枝潤(3年)に報いた。

(文=政 純一郎)