カッコよくはないけれど…・伊集院

2点目を挙げて逆転に成功する伊集院

 伊集院・池田柊太(2年)、薩南工・土本晟汰(3年)、先発両右腕の好投で1点を争う緊迫した好ゲームとなった。

 薩南工は4回表のピンチをしのぐと、その裏一死二三塁とし、6番・西垂水格大(3年)が技ありのセーフティーバントを決めて先制した。
 8回まで無得点に抑えられていた伊集院は9回表、二死二三塁とし6番・久徳陸(3年)がタイムリー内野安打を放って土壇場で逆転した。その裏を池田が3人で打ち取って劇的な勝利を締めくくった。

 「プロみたいにカッコよくはないけれど、子供たちの心が試合に出た」

 伊集院・前園昌一郎監督は感極まりながらも力強く振り返った。伊集院、そして薩南工、どちらもがひたむきに勝利を目指して引き締まった好ゲームだった。
 外角の出し入れで翻ろうする土本に対し、伊集院はなかなか得点機さえ作れなかった。4回の先制機はバント失敗、8回はホームタッチアウト、数少ない好機も拙攻で活かせなかった。それでも勝利できたのは「我慢できた」(前園監督)ことに尽きる。

 

 「みんなで鴨池に行く」(久徳)がナインの合言葉だった。苦しい流れの中でも「練習でやってきたこと」をやり切った。例えば4回裏、セーフティーバントで先制されたが三塁手・久徳は一塁が間に合わないと判断すると、すぐさまオーバーランした二走を三本間で挟殺した。

 9回の最後の場面、久徳の当たりは打ち損じた打球が二遊間に転がった。万事休すと思われたが、全力疾走を怠らなかった。勝ちを意識した分、遊撃手からの送球がそれた。そのまま駆け抜けていればタッチアウトのタイミングだったが、頭から滑り込んだ分、タッチをかいくぐる形になった。

 「審判が3アウトをコールするまで絶対にあきらめない!」。二走・濵田礼人主将(3年)はあきらめることも、迷うこともなく、ヘッドスライディングで勝ち越し点を奪った。

 どっちが勝ってもおかしくない、紙一重の勝利だったが「だから高校野球は面白い」と前園監督は実感していた。

(文=政 純一郎)