近江兄弟社が大津商を振り切る

8回裏に適時打を放った栗田空(近江兄弟社)

 近江兄弟社と大津商の3年生にとってはこれが3度目の顔合わせ、1度目は一昨年の1年生大会で近江兄弟社が5対4で勝利、2度目の対戦となった昨秋の1回戦では大津商が3対2で勝利している。お互いのプライドをかけた3度目の決戦も接戦となった。

 近江兄弟社先発の南井秀太(3年)は「インコースのストレートが走っていた」(一塁手の増本颯太主将・3年)と5回二死まで無安打の好投。守りから流れを作り、味方の反撃を待つ。

 すると、3回裏・近江兄弟社は連打と犠打で一死二、三塁とすると、4番・太田新(3年)が右犠飛を放ち、先制点を挙げる。

 さらに5回裏、二死三塁から3番・大橋 青宙(3年)の右越え適時三塁打で1点を追加。続く太田も中前適時打を放ち、リードを3点に広げた。

 早く反撃したい大津商は6回表、二死から安打と四球で一、二塁のチャンスを作ると、5番・横井川利也(3年)の左前適時打でまず1点を返す。ここから流れに乗りたかったが、南井がこれ以上の失点は許さない。

 南井は裏の攻撃で代打を送られ、7回表からは喜多良介(3年)が登板。7回、8回と走者を出すも、無失点に抑え、大津商に流れを渡さない。すると8回裏、二死二塁から7番・栗田空(3年)が中前適時打を放ち、近江兄弟社が貴重な追加点を挙げた。

 3点を追いかける9回表の大津商は先頭の7番・吉岡翔聖(3年)が四球で出塁すると、続く8番・籏瀬航大(3年)がライトに適時三塁打を放ち、1点を返す。さらに代打・保澤大(3年)の二塁ゴロの間に籏瀬が生還し、ついに1点差に詰め寄った。

 ここで打順が1番に回り、同点、逆転に期待が高まったが、1番・濱田諒(3年)は中飛、2番・堤伸之助(3年)は空振り三振に倒れて試合終了。大津商の反撃を振り切った近江兄弟社が準々決勝進出を決めた。

「よくピッチャーが我慢強く投げてくれて、思っているような展開に持ち込めました」と話した近江兄弟社の森地道之監督。投手が守りのリズムを作ったことで終始、試合を優位に進めることができた。

 次戦以降に向けては「あと最大でも3試合なので、3試合全てできるようにとにかく一戦一戦全力で頑張るだけです」と話した森地監督。連戦となる準々決勝は総力戦で挑む構えだ。

(取材=馬場 遼)