早稲田実 貫録の圧勝! 郁文館・甲斐序盤の乱調響く

本塁打を打った早稲田実・國光廣太

 郁文館のエース・左腕の甲斐 一馬は、1回戦で4回を投げて1人の走者も出さないパーフェクトピッチングをしている。早稲田実業の和泉実監督は、「甲斐君は素晴しいと聞いています。点を取るのは難しいと思っていました」と語る。

 清宮 福太郎主将率いる早稲田実業の試合とあって、球場には多くの高校野球ファンが詰めかけ、独特の雰囲気を醸し出している。「力んで球が高めにいてしまいました」と甲斐が言うように、1回裏にいきなり2つの四球に内野安打で一死満塁のピンチを招く。早稲田実業の5番・中村 龍之介の高く弾む投ゴロで、早稲田実業がまず1点を先制する。

 2回裏も安打2本に四球で、またも一死満塁のピンチを招く。伝統校・早稲田実業の重圧が、甲斐に力みをもたらしている。2番・太田 颯は死球で押し出し。早稲田実業は、さらに1点を追加する。続く3番・壽田 悠毅のセンターへの打球を、中堅手が捕球できず二塁打となり、早稲田実業は2点を追加した。

 逆に早稲田実業の守りは落ち着いている。早稲田実業のエース・田和 廉は、「初回は、しっかりは入れました」と言うように、四球は1つ出したものの、危なげのない立ち上がり。前半は、走者を出しても、要所はしっかり抑えていた。「粘り強く投げました」と、和泉監督も評価する投球であった。

 すると5回裏には、一死一塁から8番・國光 廣太がレフト柵越えの2ランを放ち、早稲田実業は点差を6点に広げた。

 郁文館にすれば、コールド負けのペースであったが、後半反撃に出る。口火を切ったのは、台湾からの留学生である4番の郭家樺だ。郁文館には台湾からの留学生が4人おり、いずれも台南市の出身だ。田中幸雄監督が「頭もいい」と言う郭が、6回表、ライトに強い当たりの二塁打を放つと、6番・大熊拓未の中前安打で郭は生還し、1点を返した。大熊はこの試合3安打の猛打賞であった。

 さらに7回表は、もう1人の留学生、9番・何恭慶の内野安打から、内野安打が3本続き満塁となり、田和のワイルドピッチで何恭慶が生還した。

 後半になると、甲斐は本来の投球を取り戻し、早稲田実業に得点を与えることなく、結局6対2で早稲田実業が勝利した。

 敗れた郁文館であるが、甲斐が後半のような投球をしていれば、そう失点はしなかっただろう。立ち上がりの力みが、勝敗を分けた。けれどもそれが早稲田実業の貫禄と言える。なお、この試合早稲田実業の4番・清宮は、2打数で安打はなく、四球2の成績であった。

(記事=大島 裕史)