「待機児童」5年連続ゼロ‥「隠れ待機児童」は833人に増加 名古屋市

 名古屋市は、入所を希望しても保育施設に入れない「待機児童」の数が5年連続でゼロになったことを明らかにしました。

 一方、いわゆる「隠れ待機児童」は、833人で去年より増えています。

 名古屋市によりますと、ことし4月1日現在の待機児童の数は、ゼロで、これで5年連続の達成です。

 一方で、兄弟と同じ保育所など、特定の施設だけを希望したため、実際には入所できていないいわゆる「隠れ待機児童」は、前の年より118人多い833人でした。

 予定していた保育所の整備が土地や建物が見つからず、できなかったことが原因だということです。

 「少しでも多くの人に(保育所に)入ってもらえるよう最大限努力する」
  (河村 名古屋市長)

 名古屋市は、今年度、保育所整備などを進め、1942人分の利用枠を拡大することで、隠れ待機児童の数も減らす方針です。

関連記事

おすすめ情報

CBCテレビの他の記事もみる

東海/北陸の主要なニュース

岐阜 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索