工事は順調のようです。岐阜県の岐阜市役所新庁舎の建設状況が、16日報道公開されました。

 新庁舎は18階建てで、総工費およそ270億円をかけ、現在の庁舎のおよそ300メートル北側の土地で、2018年から建設が始まりました。

 4階には草木を植えた広場を設け、市民に開放されることになっています。

 工事は既に半分ほどまで進み、来年春に開庁する予定です。