家族や交際相手による性的虐待を根絶しようと、名古屋市で「フラワーデモ」が行われました。

 このデモは、去年3月、19歳の娘に性的虐待を繰り返したとして起訴された父親に、無罪判決が下されたことを受けて始まったもので、名古屋市中区の会場には、実際に被害を訴える人や支援者らおよそ100人が集まりました。

 参加した人は、自身の性的虐待の体験を共有するとともに、「せっかく勇気を出して裁判を起こしても、さらに傷ついてしまうようなことは許されない」などと話し、被害者が救済される社会の実現を訴えました。