新型コロナウイルスに東海地方で22日、岐阜と愛知で、あわせて4人の感染が新たに確認されました。

 岐阜県で感染が確認されたのは、各務原市の20代の男性と可児市の70代の男性です。

 20代の男性は、3月8日から17日までスペインとフランスに旅行していました。

 一方、70代の男性の感染経路は分かっておらず、基礎疾患があり重症だということです。
 岐阜県内の感染者は5人となりました。

 一方、名古屋市では、名古屋第二赤十字病院の20代の女性職員の感染が明らかになりました。

 病院では、3月19日、80代の入院患者が感染し、この女性は健康観察の対象でした。

 また愛知県では、従業員が感染したトヨタ自動車高岡工場では、同僚の20代の男性が感染し、県内の感染者は143人となりました。