新型コロナウイルスによる影響が続くなか、名古屋市は、小中学校などの入学式について予定通り、4月に実施することを決めました。

名古屋市は、24日、市立の小中高校と特別支援学校、それに幼稚園の入学式について、予定通り4月6日と7日に行うことを決め、各学校に通知しました。

 実施にあたっては、卒業式と同様に、在校生は参加しないことや、会場の出入り口に消毒液を設置することなどの感染防止策を行うよう求めています。

 一方、始業式については、市内の新型コロナウイルスの拡大状況などを見ながら、3月末までに判断するとしています。

 また、部活動は、春休み期間中は引き続き行わず、新年度以降の対応については検討中だということです。