ガーデニングに人気の色鮮やかな初夏の花、マリーゴールドの出荷が、三重県紀北町でピークを迎えています。

 ハウスの中に並ぶ、オレンジや黄色の花が鮮やかなマリーゴールド。

 紀北町の「かきうち園芸」では、3月初めから出荷が始まり、従業員が一つ一つ丁寧に形を整える作業に大忙しです。

 ことしは新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、卒業式や送別会などが縮小されたため、花き市場は大きな打撃を受けていますが、暑さに強く主にガーデニングに用いられるマリーゴールドは、今のところ影響はなく、例年並みの約2万鉢を地元のホームセンターや愛知県の市場に出荷するということです。

 出荷作業は6月ごろまで続きます。