27日午前9時半ごろ、愛知県春日井市勝川町の名古屋第二環状自動車道、通称「名二環」の内回りで走行中のトラックが炎上しました。通報で消防が駆け付け、火は約1時間後に消し止められ、運転していた男性は逃げてケガはありませんでした。走行中に突然、タイヤが破裂したということで、警察が詳しい原因を調べています。

 この事故で、名二環は内回りの小幡インターと勝川インター間が約2時間通行止めになりましたが、解除されました。