28日夜、愛知県瀬戸市の住宅で、59歳の長男の首を絞めて殺害しようとしたとして、同居する84歳の母親が逮捕されました。
 長男はその後死亡しました。

 逮捕されたのは、瀬戸市原山台の無職、小林マリ子容疑者(84)です。

 警察によりますと、小林容疑者は、28日午後10時半ごろ、同居していた長男の小林洋一さん(59)の首を延長コードで締めた殺人未遂の疑いが持たれています。

 洋一さんは病院に搬送されましたが、およそ2時間半後に死亡しました。

 調べに対し小林容疑者は容疑を認め、「長男が居間で酒を飲んで寝ている隙に延長コードで首を絞めた」と話しているということです。

 洋一さんは失業中で、日頃から酒を飲んで小林容疑者と口論になっていたということで、警察は、2人の間に何らかのトラブルがあったとみて、容疑を殺人に切り替え、経緯を詳しく調べています。