岐阜県関市役所の支所に、「爆発物を仕掛けた」との爆破予告文を郵送した疑いで、関市の現職の市議会議員が逮捕されました。

 関市の市議会議員、太田博勝容疑者(67)は、5月7日、関市役所の上之保事務所に、「爆発物を仕掛けた」との爆破予告文を郵送し、市の職員に、およそ2時間爆発物の捜索をさせて業務を妨害した疑いがもたれています。

 爆発物は見つかっておらず、警察は太田容疑者の認否を明らかにしていません。

 また市などによりますと、爆破予告文には、新型コロナウイルスに関して市の対応を指摘する内容も書かれていたということです。

 「ただただ考えられない」
 「反省してもらわないといけないし、市民につぐないをしてもらわないと」(市民)


 太田容疑者は、2003年4月に初当選し現在5期目で、議長を務めたこともあります。

 関市議会は、「市民の皆様にご迷惑とご心配をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます」とコメントしています。