鈴木誠也に続け!赤い神スイングの坂倉将吾、ついに一軍デビュー

鈴木誠也に続け!赤い神スイングの坂倉将吾、ついに一軍デビュー

カープファン大注目の高卒新人、坂倉将吾(19)がついに一軍デビューを果たした。


広島対巨人25回戦(9月23日)の八回、代打でプロ初打席へ。マウンドには同じく新人だが社会人ヤマハ出身の池田(24)。

初球見逃しストライクのあとの2球目、インハイの真っ直ぐ144キロを打ち、記念すべきひと振りはレフトフライとなった。

3万人を越えるファンで埋まったスタンドからは、大きな拍手が背番号61に送られた。

いきなり「左対左」でのデビューとなったところにも、坂倉将吾のポテンシャルの高さがうかがえる。

一度、大舞台を体感できたこと、スイングしたことで、今度チャンスがもらえたらどんな打撃を披露できるか?

ひろスポ!では赤い神スイングと命名させてもらったその振りは、本当に「神ってる」のか?

2013年に同じく高卒新人ながら9月半ばに一軍昇格を果たした鈴木誠也は12打数1安打の数字を残した。

広島のレギュラーシーズンは残り4試合。「1本」放てば”神の領域”に近づけることになるのだが…

ひろスポ!の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索