やっぱり朝山正悟だ!残り7秒で、決勝3ポイント…広島ドラゴンフライズ首位に再浮上!

やっぱり朝山正悟だ!残り7秒で、決勝3ポイント…広島ドラゴンフライズ首位に再浮上!

広島ドラゴンフライズは香川県の高松市総合体育館で香川ファイブアローズとのGAME2に臨み、残り7秒からの逆転勝ちを収めた。広島ドラゴンフライズは6連勝。

第3クォーター66−68から勝負の最終クォーターへ。

ジャマリ・トレイラーがフリースロー、ジャンパーと連続得点。山田謙治が3P、小澤智将がジャンパーで得点して残り7:47、74-68。

しかしテレンス・ウッドベリーらに反撃を許してクロスゲームは続く。残り46秒でジャマリ・トレイラートレイラーがセカンドチャンスを決めるも、相手にボーナススローを許し、再び逆転される。

こうした流れになれば、やはりこの人、朝山正悟が勝負強さを発揮。残り7秒で3Pを決め逆転、終了直前にも朝山正悟がフリースローを決めて粘る香川ファイブアローズを振り切った。

香川ファイブアローズは13連敗。

西地区首位をキープしていた熊本ヴォルターズは80−82のスコアで強敵・茨城ロボッツに連敗を喫した。このためゲーム差なしで2位だった広島ドラゴンフライズは昨年12月9日に2位に後退して以来、およそ1カ月ぶりに首位に返り咲いた。

西地区3位の島根スサノオマジックも73−75で西宮ストークスに敗れて広島ドラゴンフライズとは2ゲーム差になった。

B2第16節 GAME2
広島ドラゴンフライズ 87-84 香川ファイブアローズ
1Q:21-25
2Q:25-20
3Q:23-20
4Q:21-16
入場者数:812人
対戦成績:22勝8敗

【スターター】
広島:#0ジャマリ・トレイラー、#2朝山正悟、#3岡本飛竜、#12エリック・トンプソン、#24田中成也

香川:#2レジナルド・ウォーレン、#7堀川竜一、#30テレンス・ウッドベリー、#41高田秀一、#88木村啓太郎

【主なスタッツ】
広島ドラゴンフライズ
◆得点
#0ジャマリ・トレイラー26点
#2朝山正悟20点
#12エリック・トンプソン12点
#24田中成也12点
◆リバウンド
#0ジャマリ・トレイラー10リバウンド
#12エリック・トンプソン10リバウンド
◆アシスト
#0ジャマリ・トレイラー6アシスト

香川ファイブアローズ
◆得点
#2レジナルド・ウォーレン27点
#30テレンス・ウッドベリー25点
◆リバウンド
#2レジナルド・ウォーレン13リバウンド
◆アシスト
#2レジナルド・ウォーレン 9アシスト
#30テレンス・ウッドベリー 8アシスト

広島ドラゴンフライズ・尺野将太ヘッドコーチ
「きのう19本やられたオフェンスリバウンドを抑えれたことが勝つポイントだった。チームとしてやらなきゃいけないことを遂行出来た。ただ、苦しんで勝つのではなく自分たちらしさを40分間続けていけるようにしたい」


関連ニュースをもっと見る

関連記事

ひろスポ!の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索