森保チルドレン躍動…青山、佐々木、塩谷劇弾でアジア杯予選1位通過の日本、10人替え指揮官の意図は「いる者全員で戦う」こと…

森保チルドレン躍動…青山、佐々木、塩谷劇弾でアジア杯予選1位通過の日本、10人替え指揮官の意図は「いる者全員で戦う」こと…

塩谷司(トップ画像右)も浅野拓磨(左)も、サンフレッチェ広島から世界に巣立って行った…

 

AFCアジア杯UAE2019(  アルアイン、シェイク・ハリファ国際スタジアム、1月17日午後5時30分キックオフ、日本時間午後10時30分)

1次リーグ2戦全勝、この最終戦(第3戦)に勝てば1位通過決定、引き分け以下で2位通過となる日本は森保一監督の「勝ちにいく」の号令の下、同じく2戦全勝のウズベキスタンと対戦した。

日本スタメン

GK シュミット・ダニエル(ベガルタ仙台)
DF室屋成(FC東京)
DF三浦弦太(ガンバ大阪)
DF槙野智章(浦和レッズ)
DF佐々木翔(サンフレッチェ広島)
MF伊東純也(柏レイソル)
MF青山敏弘Cap.(サンフレッチェ広島)
MF塩谷司(アル・アイン)
MF乾貴士(ベティス)
FW北川航也(清水エスパルス)
FW武藤嘉紀(ニューカッスル)

13日のオマーン戦から中3日、スタメン10人替えの日本は前半40分、縦パス1本から三浦弦太と槙野智章の”真ん中”を突破され、FWシェムロドフの個人技によって先制ゴールを許した。

だが、それが逆にJリーガー8人が名を連ねた森保ジャパン”J面”の動きを一気に活発化させた。

失点から3分後、三浦弦太のクロスを武藤嘉紀がジャンプヘッド。強烈な一発をお見舞いして先制ゴールでウズベキスタンに傾きかけた流れを止めると、後半13分、相手DFの中途半端なクリアを塩谷司の左足がジャストミート。アウトにかかった素晴らしい一撃は美しい弾道でゴールネット右隅に決まった。

サンフレッチェ広島時代に森保一監督の下でJリーグ制覇を成し遂げた青山敏弘はボランチの位置で攻撃を組み立て、同じく左サイドバックの佐々木翔は、盛んにサイド攻撃を仕掛けてくる相手を潰した。

第2戦オマーン戦のスタメンは次のとおり。

GK権田修一 (サガン鳥栖)
DF酒井宏樹(マルセイユ)
DF冨安健洋(シントトロイデン)
DF吉田麻也 Cap.(サウサンプトン)
DF長友佑都(ガラタサライ)
MF堂安 律 (フローニンゲン)
MF遠藤 航 (シントトロイデン)
MF柴崎 岳(ヘタフェ)
MF原口元気 (ハノーファー)
FW北川航也(清水エスパルス)
FW南野拓実(ザルツブルク)

選手交代は後半11分に北川航也から追加招集の武藤嘉紀(ニューカッスル)、後半39分に堂安 律から伊東純也(柏レイソル)。

さらに第1戦、1月9日のトルクメニスタン戦のスタメンは次のとおり。

GK権田修一
DF 酒井宏樹
DF吉田麻也Cap.
DF 槙野智章
DF 長友佑都
MF冨安健洋
MF柴崎岳
MF堂安律
MF南野拓実
MF原口元気
FW大迫勇也(ブレーメン)

トルクメニスタン戦に2−1で逆転勝利したあと、森保一監督は「何とか勝った感じですけど、初戦はほんとに難しい戦いになると思っていたので、これがこの大会の難しさかなと思っています」と話した。

オマーン戦は前半終了間際、長友佑都の「神の手」が飛び出して1−0で逃げ切った。

試合後、森保一監督は「総力戦でアジアカップを戦っていく中で、できれば全選手を使いたいと思っていた。できるだけ多くの選手を使っていきたい」と”勝負”を匂わせた。

それでもウズベキスタン戦のスタメン予想では塩谷司のボランチも含めて10人替えズバリ的中!のメディアは多くはなかった。

森保監督にはサンフレッチェ広島、五輪代表、A代表、この3つの集団で”しか”監督経験がない。

サンフレッチェ広島では”ローカルクラブ”のチームを強化するにあたり、常に育成と勝利の二兎を追いかけていた。

戦力の補強はクラブ任せ。自分の目で世界を見て回る代表監督とは好対照…サンフレッチェ広島ではACLを戦い抜くために「2チーム分」の戦力の保持を目標に掲げたが、故障者や転出組が相次いだため、厳しい現実にさらされた。

サンフレッチェ広島で2度のJ1優勝に貢献したあと塩谷司もそのひとり。何倍もの年俸を提示してもらうことが可能なアル・アインFCにあっさり引き抜かれた。

サンフレッチェ広島での5シーズンと半で、いつしか森保監督は「いる者全員で戦う」というセリフを繰り返すようになった。

ひとり、ひとりの選手に対してそれだけ丁寧な、と同時に厳しい目を注ぐようになった。

それはより大きなものを背負って立つようになった今もぜんぜん変らない。日本サッカー協会から全面バックアップを約束されているからといって選手をとっかえ、引き換えとはならないはずで、同時に召集したからには全選手に経験を積んでもらうことに重きを置く。

森保ジャパンに呼ばれた面々は今、ここに記したことを強烈に意識しているのではないか?

繰り返しになるが、森保一監督は「いる者、全員で戦う」。

21日、F組1位の日本、決勝トーナメント(ノックアウトステージ)1回戦の相手はE組2位ノサウジアラビア。ここからは日程がさらに厳しくなる。森保ジャパンの戦いを奏でる曲にはA面やB面はない、ということになる。

この記事の取材・構成は森保ジャパン取材班


関連ニュースをもっと見る

関連記事

ひろスポ!の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索