広島「理想」の試合運びで6連勝、8日間で借金8から2…會澤、菊池、長野に一発、野村は7回零封

広島「理想」の試合運びで6連勝、8日間で借金8から2…會澤、菊池、長野に一発、野村は7回零封

画像は野村

4月23日 ○4−0中日、マツダスタジアム
通算10勝12敗(単独4位浮上、3位中日まで1・5差、首位巨人まで4・5差)
18時1分開始・2時間56分、3万0876人
相手先発 山井●4回5安打4失点
本塁打 會澤2号①、菊池涼3号①、長野2号①

一番ショート田中
二番セカンド菊池涼
三番ライト長野
四番ファーストバティスタ
五番センター野間
六番キャッチャー會澤
七番レフト西川
八番サード小窪
九番ピッチャー野村○(4試合2勝)7回106球7安打無失点
フランスア一岡

緒方監督が「理想」のゲームと総括した雨の中の2時間56分。チームは6連勝で、借金8からわずか8日で借金2。勝率5割ラインが見えてきた。

ちなみに緒方監督が試合後の会見を行なわなかったのが4月7日のマツダスタジアム、阪神戦で逆に0−9のスコアで完敗だった。そのマツダスタジアムには、連敗しようがどうだろうが開幕から14試合連続で3万人を超えるファンが集まっているが、本拠地での星取りも一気に7勝7敗まで押し返した。

勝因は野村の好投と打線の効果的な点の取り方。

野村はチーム打率が12球団トップの中日打線を相手に7回無失点。7安打を打たれたがすべてシングル、もしくは内野安打。両コーナーと低目を突く投球で併殺打2、内野ゴロ11。打球に角度がつかないため外野フライはわずか3つ。ベンチも安心して見ていられたことだろう。

打線は鈴木が2試合続けてスタメンを回避したため、一番から五番までは前日といっしょ。六番に會澤を上げ、七番には西川。八番は相手先発の左右に関わらず小窪、となった。

二回、一死から”その”會澤の2号ソロで先制すると、さらに西川、小窪の連打で一、三塁。野村のスクイズも決まって2点目を奪い、開幕から2勝0敗の中日先発・山井から先手を打った。

さらに三回、先頭の菊池が初球をレフトスタンドへ。続く長野はボールカウント1−1からライトスタンドへ移籍後マツダスタジアム第1号。変化球を2度ホームランされた中日バッテリー。3発目はインハイの真っ直ぐを、長野ならではのヘッドの入れ方で逆方向に運ばれた。(ひろスポ!・田辺一球)

 

 



ひろスポ!の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索