バティスタのドーピング陽性反応発覚からもう一週間、「弁明」はどうなった?

バティスタのドーピング陽性反応発覚からもう一週間、「弁明」はどうなった?

画像はドコモdメニューアクセスランキング、バティスタのドーピング問題に対する注目度は非常に高い

 

広島のサビエル・バティスタ外野手がドーピング検査で陽性反応が出たことが発表されたのは8月17日土曜日。NPBから広島球団に報告があったのは8月16日金曜日の午後9時。

8月24日土曜日でまるまる一週間になった。

しかし、この問題に関する報道は8月18日日曜日と19日月曜日の紙面まで。以後、ほとんど何も報じられていない。当然、ファンはその後、どうなったかを知る由もない。

広島の街中では人が集まれば、そこがスーパーだろうが、スポーツジムだろうが話題は緒方監督の暴力事件で、次がバティスタのドーピング問題…というある意味、異常事態になっている。

いずれも世間の注目が非常に高い案件だ。

バティスタはドーピング検査の結果に対して異議申し立てをしており、8月19日から30日までの間に「弁明」の機会が与えられる。

当たり前の話だがプレーオフのことも含めて考えるなら「弁明」は早ければ早い方がいい。

当然、8月19日から24日までの週で行う方が懸命である。

NPBでドーピングを担当する部署は「運営統括部」であるが、バティスタに対しての制裁を決するのは「調査裁定委員会」で専門の医師が名を連ねている。当然、全体的なそのオペレーションは機密保持を第一に進められている。

しかし、その”周辺取材”をした限りでは、もうすでに何らかの動きがあった可能性の方が高い。

逆に動きがないならないで、それもまたファンに向けて発信されるべき情報だろう。


関連記事

ひろスポ!の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索