「排卵誘発療法」に使われる禁止物質検出のバティスタ、アウト!NPBアンチ・ドーピング調裁定委員会は6カ月間の出場停止処分を発表

「排卵誘発療法」に使われる禁止物質検出のバティスタ、アウト!NPBアンチ・ドーピング調裁定委員会は6カ月間の出場停止処分を発表

NPBアンチ・ドーピング調裁定委員会は9月3日、広島のザビエル・バティスタ外野手に対して、アンチ・ドーピング規定違反に対する制裁として、2019年9月3日から2020年3月2日まで、6カ月間の出場停止処分を科した

プロ野球での薬物違反は6月に処分が発表されたオリックスのジョーイ・メネセス以来7人目。過去の例では1年間の出場停止が3例あり、今回はその次に重い。

裁定委員会によると、6月上旬に行われた検査でバティスタの尿から7月24日にホルモン調節薬および代謝調整薬である「クロミフェン」などが検出された。

その後、予備の検体も陽性だったことが8月16日に広島に通知され、バティスタは17日、出場選手登録を抹消され、自宅謹慎となっていた。

バティスタは8月21日に行われた弁明において身に覚えがなく、意図的な摂取はない、と訴えたというが、裁定は意図的であるか、ないかではなく、禁止物質が検出された事実に重きが置かれた模様。

そもそも「クロミフェン」は不妊治療における「排卵誘発療法」にも用いられる。ステロイド(筋肉増強剤・禁止薬物)でバランスを崩した身体のテストステロン(男性ホルモン)の産生を正常化させる効果もあるため、「クロミフェン」を服用したなら、意図的にドーピングを消しにかかった、という疑惑まで持たれることになる。

一方で、ステロイドなど、直接、身体のパフォーマンスを上げるために使われるような禁止物質は検出されていない。

バティスタ本人は意図的にそうした禁止物質を使ったことはない、と強く主張。出場停止期間が1年ではなかったのはそうした配慮が働いたものと思われる。

広島にはバティスタ以外にも現在、出場選手登録されれいるメヒア、サンタナ、フランスアら複数のドミニカ野球アカデミー出身選手がいる。

今回の裁定は他の選手にも大きな動揺を与えることとなり、今後のきめ細やかなケアが必要になってくる。(ひろスポ!・田辺一球)



関連記事

ひろスポ!の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索