緒方監督の表情も緩いが、大瀬良の投球も守りも緩すぎ、エルドレッド氏に叱られる!?最下位ヤクルト相手に本拠地で連敗

緒方監督の表情も緩いが、大瀬良の投球も守りも緩すぎ、エルドレッド氏に叱られる!?最下位ヤクルト相手に本拠地で連敗

9月16日 ●7−6 ヤクルト、マツダスタジアム
通算69勝67敗3分け(巨人まで6差、巨人の優勝M4に減少、2位DeNAまで1・5差の3位)
14時開始・3時間10分・3万1541人
相手先発 高橋○6回3分の1、6安打3失点
本塁打 メヒア7号①

一番センター西川
二番セカンド菊池涼
三番ライト鈴木
四番ファースト松山
五番レフト長野
六番キャッチャー會澤
七番サード堂林
八番ショート小園海斗
九番ピッチャー大瀬良●(25試合11勝9敗)6回93球9安打5失点(自責4)

前夜の引退セレモニーでエルドレッド氏が「フィールドに立っているその一瞬を大切にしてください」と広島ナインに送ったメッセージは、どうやら危機感の表れだったようだ。

この期に及んでマツダスタジアムで最下位チーム相手に連敗…、など本来なら在り得ない。広島はすっかり”緩く”なった。

7月24日、暴力事件が明らかなった緒方監督はそれ以降、その表情には大きな変化があった。勝負師のそれではなくなった。緩んだと言ってもいい。

そのあとチームは25勝22敗。結果、貯金はわずかに2。得失点差もわずかとはいえマイナスで、リーグ3連覇の面影はまるでない。

前夜の先発は塹江。結果的にはヤクルト打線に、季節外れの花火3発を広島の夜空に打ち上げられた。

この日は中5日登板が続く大瀬良。非常事態宣言のチームにとっての切り札が先発マウンドに上がったのに、夏日のデーゲームを熱くしたのはまたしてもヤクルト打線の方だった…しかも今度は花火4発。

初回に1点の援護をもらった大瀬良は二回、あっさり廣岡に同点ソロを許した。前日、右方向に2発も運んでいた相手に、またライトスタンドへ持っていかれた。バッテリーとして緩すぎないか?

三回には菊池涼のエラーをきっかけに、山田哲に三塁線を抜かれて失点した。シーズン139戦目にして初の試みとなった「サード・堂林」があっさり三塁線を抜かれると、レフトの長野も打球の処理にもたついていた。

四回、”怪童”村上にバックスクリーン左へ34号ソロを打ち込まれた大瀬良は、六回にも新人の中山に左中間スタンドに運ばれた。真っ直ぐもカットボールもフェンス越え、ではクライマックスシリーズ登板に向けても不安が募る。

八回には3番手の中村恭も村上に左翼越えソロを打たれた。先発、ブルペン陣とも踏ん張りが効かなくなれば、当然、試合展開は締まらない。

打つ方でも広島は低調だった。

今季6度目の対戦となった高橋にプロ最長の6回と3分の1、プロ最多の123球まで粘られた。それまで高橋の対戦防御率は6点台だったが、この日は初回の1点と、メヒアのソロと松山の適時打による七回の2点が精いっぱいだった。

実は1年前のこの日、広島は神宮球場でヤクルトと対戦して4対2で勝っている。初回にバティスタの3ランなどで4点。打たれたのはプロ3年目で先発2度目となった高橋だった。そして2点を許したのは先発の岡田で、村上にプロ1号2ランをプレゼントした。

1年で大きく成長する選手がいる。1年でチームもまた大きく変わる、ということになる。(ひろスポ!・田辺一球)

 



関連記事

ひろスポ!の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索