2年連続日本シリーズで空振り三振が続く丸佳浩と、侍ジャパンの四番もありそうな鈴木誠也の未来

2年連続日本シリーズで空振り三振が続く丸佳浩と、侍ジャパンの四番もありそうな鈴木誠也の未来

画像は侍ジャパン合宿前の鈴木誠也

 

宮崎市内で10月22日、侍ジャパンの合宿が始まった。11月5日、台湾の桃園国際野球場で始まるプレミア12オープニングラウンドに備える。広島からは鈴木誠也、菊池涼介、會澤翼が参加した。

鈴木は今季、レギュラーシーズンでセ・パを通じてただひとりOPSが・1000を超えた。当然、メジャーのスカウトからも注目される存在だ。

海外の舞台にも強い。2014年秋に行われた「第1回 IBAF 21U W杯」がジャパンのユニホームを着た最初の大会だったが打率・423と打ちまくり首位打者になった。今後の侍ジャパンの打線の核となる。四番を打つことも予想される。

鈴木は国内の大舞台にも強い。昨季の日本シリーズでは6戦22打数10安打ホームラン3発、打率・455と打ちまくった。四球も5つ。ソフトバンクバッテリーに警戒されながらも仕留めるべき球は見逃さない。

さて、今年の日本シリーズに目を移すと、予想通り、ソフトバンクが巨人を圧倒している。

そこで丸佳浩の話、である。

ソフトバンクナイン以外ではただひとり、昨季に続いて日本シリーズに参戦…の丸は今年もここまで3試合で9打数無安打の空振り三振3つと四球は3つ選んでいるがヨレヨレである。まだ外野に打球が一度も飛んでいない。重症だ。いや、ソフトバンクバッテリーが優秀だ。

昨年もやはり6戦で25打数4安打、打率・160と丸のバットは封じられている。

昨年の丸はシリーズ第1戦、今年と同じく千賀との対戦で四球、左飛のあと、ソフトバンクブルペン陣の前に二飛、見逃し三振、空振り三振に終わった。

第2戦はバンデンハークとの対戦で空振り三振、犠飛、右越え二塁打。ここまではまだ健闘していた。

しかし敵地、福岡ヤフオクドームに移っての第3戦で5回3分の0を投げた先発のミランダ以下に5打数で4つの空振り三振。ここで崩された感が強い。

第5戦で五回、二番手のモイネロから2ランを放ち意地は見せたが、ラストゲームとなった第6戦でもまたバンデンハーク以下に3打席連続空振り三振を喫してシリーズを終えた。

1年前の10月には三番・四番を打ちともに戦った鈴木と丸が今は別々の道を歩む。この先、また来年、再来年、5年後にふたりがこの時期、どんな舞台に立っているかに注目したい。(ひろスポ!・田辺一球)


関連記事

ひろスポ!の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る