新型コロナウイルスによる肺炎が正式に感染症法の「指定感染症」になった2月7日以降、 患者は必要に応じて全国約400の指定病院で受け入れられることになった。トップ画像は沖縄県島尻郡南風原町の南部医療センター(ひろスポ!沖縄取材班撮影)

沖縄県の玉城デニー知事は2月14日午前に県庁で会見。新型肺炎に感染した疑いのあるひとりの検体について、きょう午後4時ごろ判明すると明らかにした。

 

この患者は集団感染の件で連日、ニュースになっているクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の乗客と接触した。

クルーズ船を楽しむ中国の富裕層にとって沖縄は最も人気のあるスポットのひとつ。

沖縄でキャンプを張る各球団はすでに、様々な対応をとっているが、広島の主力メンバーの場合は11日まで宮崎県日南市に滞在、12日沖縄入りと、このタイミングで沖縄に飛び込んだかっこう。

ひろスポ!では日南でも新型肺炎への”警戒”を続けてきたが、不安が現実のものとなりつつある。

ひろスポ!関連記事
カープキャンプ地の日南にもアジア地域からの旅行客多数、宮崎県は新型コロナウイルス感染症対策本部会議(2020年2月4日掲載)