画像は左から野間、長野、上本

 

 

広島は9月20日、神宮球場でヤクルトと対戦。1対8で迎えた九回、完投目前のヤクルト先発小川に7安打を浴びせてKO、代わった石山も攻めて6対8、なおもランナー一、三塁としたが最後は代打正隨が空振り三振に倒れた。

その場面を振り返る。

※内容は「携帯サイト田辺一球広島魂」の「速報」を引用

 

・さすがは小川、101球で九回まできた

・誠也、ヤクルト先発小川の102球目、初球スライダーをレフト線二塁打、代走曽根


・松山、詰まりながら中前に落としてヒット、代走三好


・無死一、二塁で堂林、投ゴロゲッツーの間に1点。2対8

・田中広輔、初球空振り、2球目ボール球は143キロ、3球目142キロを右前打

・磯村、初球真っすぐ迷わず引っ張り左前打でスタンドのツバメファン悲鳴…

・二死一、二塁で代打坂倉、リラックスして低目のチェンジアップをスイング。角度のある打球が右前に落ちてタイムリーヒット、3対8

・二死一、三塁で八回の大盛の代打から出場のピレラ、初球ワンバン、2球目143キロ空振り、3球目144キロファウル、4球目ボールで2−2、そして小川渾身の145キロをセンター左へ二塁打、4対8

・なおも二死二、三塁で八回の守備から出場の上本、2ボールから144キロストライク、さらにファウルで2−2から144キロをセンター前へ、2者生還で6対8

・小川この回7安打で123球KO降板

・石山が連投のマウンドへ

・二死一塁で野間、初球アウトハイ149キロ空振り、続いて149キロファウル、さらに145キロファウル、4球目ワンバン、5球目149キロファウル、6球目の低目に来たフォーク打って右前打、二死一、三塁

・曽根の代打正隨、初球148キロストライク振るべき球を見送った、次の147キロまったく合わない空振り、3球目150キロは満振りでファウル、4球目高目ボール球149キロにバット動いてゲームセット…

・8安打で5点返したが、打者一巡でも届かなかった…