トップ画像は檀上で広島ドラゴンフライズの選手、スタッフとともにあいさつする山坂哲郎後援会長



広島ドラゴンフライズ決起集会、山坂哲郎後援会長「B1でチャンピオンに」、名誉会長の岸田文雄氏も「残念ながら広島の野球、サッカー元気ない?ぜひバスケで旋風を!」

……

 

B1でのシーズン開幕を控えた広島ドラゴンフライズが9月25日、広島市中区のホテルで恒例の決起集会を開催した。

ただしコロナへの配慮から後援会会員やスポンサー、関係者らの参加人数を限定する形が取られた。

冒頭で来賓代表としてあいさつした後援会名誉会長の岸田文雄氏は次のように語った。

「新型コロナウイルスの蔓延によって世の中、たいへん厳しい状況になります。東京オリンピック、パラリンピックも延期されてしまった。また残念ながら広島の野球、サッカーも今年は何か元気がないということでありますので、ぜひ広島ドラゴンフライズ、バスケットボールで大いに広島を盛り上げて元気にしていただきたい。ぜひB1昇格を気にドラゴンフライズ旋風を全国に巻き起こしていただければと心から願っています」

続いて山坂哲郎後援会会長が次のようにあいさつした。

「私が後援会会長を務めさせていただくようになった時の思いは、広島県民と広島の企業が第3の広島のプロスポーツ、広島ドラゴンフライズを育てるんだと、いうことでした。みなさんのご支援ご協力のもとでやっとB1に昇格することができました。この広島ドラゴンフライズはB1に上がることを目的にしておりません。先ほども「頂き」という言葉が出ておりましたがB1でトップになるんだ、とB1でチャンピオンになる、それを目指しております。そのためには皆様方のこれまで以上の応援が必要ではないかなと思っております。我々広島県民、広島の企業で広島の第3のプロスポーツ、広島ドラゴンフライズをカープ、サンフレッチェ以上のチームに育て上げていきたいと思っています」


湯崎英彦県知事と松井一実広島市長もあいさつした。


そのあと檀上から堀田剛司ヘッドコーチ以下、スタッフや選手がその思いや決意を述べて盛んに拍手を受けていた。


トーマス・ケネディ選手の話(日本語で)
「コンニチハ、トーマス・ケネディデス。コンシーズンハ、ビーワンニ、アガッテ、ビーワンハ、ツヨイチームガオオイケド、ヒロシマドラゴンフライズガンバリマス。コンシーズン、オウエン、ヨロシクオネガイシマス!」


アイザイア・マーフィー選手の話(沖縄県出身、英語で)
「みなさん、こんばんわ。この場にお招きいただきたいへん嬉しく思います。今シーズンはB1でのチャレンジになります。私は新人ですので、どんどんチームに活力を送り込めるよう頑張ります。チーム一丸となってベストを尽くしたいと思うのでよろしくお願いいたします」


岡本飛竜選手の話
「みなさん、昨シーズンはたくさんのご声援ありがとうございました。B1に上がって街を歩いていても注目度が高いなとひしひしと感じています。その期待以上の活躍ができるように粘り強く、日々努力していきたいと思います。今シーズンもよろしくお願いします」