華原朋美、馬術大会で優勝!「ホント奇跡で…」大号泣

華原朋美、馬術大会で優勝!「ホント奇跡で…」大号泣

 歌手の華原朋美(42)が、14日放送のTBS系「炎の体育会TV 2時間スペシャル」(後6時55分)で馬術国際大会出場の座をつかんだ模様が放送された。

 昨年10月15日、掛川市で行われた「ジャパンオープン2016」障害飛越競技に“体育会馬術部”部長として、新入部員の菅井友香(21)=欅坂46=とともに出場した。

 高校時代に国体4位の実績を持つ華原は昨年、同番組の企画で23年ぶりに競技を再開。以後、本格的に取り組んできた。大会前に飛越失敗から自信を失い、馬にも伝わる悪循環でスランプに突入したが、直前に愛馬キャリーサンとの信頼を回復。本番ではノーミス。ハイリスク・ハイリターンの「ジョーカー障害」を2度クリアし、ライバル勢を10点上回る1220点をマーク。3位以内で国際大会出場という中、見事優勝を果たした。

 華原は「ホント奇跡で…。たぶんもう無理だなという気持ちがあって。絶対優勝したくて…」とスタジオで大号泣。「練習でミスばっかりで、人生もミスばっかりで…。もうやだと思って。ここで優勝しないと頑張ってきた意味がないと…」と表彰台の頂点に立った印象を語った。

 菅井は7位入賞の快挙を達成。10年の乗馬経験こそあれ障害飛越は当番組で初挑戦。「馬術部の名を汚さないように頑張りたいと思います」と謙虚に語っていたが、伸びしろを感じさせる飛越を披露。華原が競技を終えた瞬間には、喜ぶ華原を見て感激し涙をこぼす一幕もあった。

ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

スポーツ報知の他の記事もみる

エンタメの主要なニュース

エンタメのニュース一覧へ

14時06分更新

エンタメのニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

記事検索