オードリー春日&ジャンポケ太田、沙保里の敵討ちならず

オードリー春日&ジャンポケ太田、沙保里の敵討ちならず

 14日放送のTBS系「炎の体育会TV 2時間スペシャル」(後6時55分)に、リオ五輪女子レスリング53キロ級で吉田沙保里(34)を決勝で破り金メダルを獲得したヘレン・マルーリス(25)=米国=が出演。“体育会レスリング部”のオードリー春日俊彰(37)とジャングルポケット太田博久(33)が特別ルールで挑んだが、返り討ちにされた。

 ボディービルとフィンスイミングに挑戦してきた春日は昨年、レスリングにもトライ。吉田沙保里との特訓などを経て成長。マスターズ日本代表を目指してチャレンジマッチ東京大会に出場し、全国2位の実力者からフォール勝ちを収めている。

 太田もレスリング未経験ながら柔道経験者で、高校時代には県大会で優勝した実績の持ち主。高い身体能力と格闘センスでみるみるレスリングを吸収。春日とともにマルーリス相手に吉田沙保里”のリベンジマッチを挑んだ。

 マルーリスは10点先取、春日チームは5点先取で勝利というハンディキャップマッチ。先鋒は春日。タックルが決まり一時逆転、勝利まで1ポイントに迫りながら、勝利を目前にした焦りからかジリジリと返されて無念の逆転負けを喫した。

 続く太田も健闘。4分の試合時間では決着がつかず延長戦に持ち込んだが、地力の差があらわれて吉田の敵討ちとはならなかった。マルーリスからは「今日はすごく楽しかった。2人が全国大会で活躍することを祈っています」と金メダリストの余裕でエールを送られていた。

ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

スポーツ報知の他の記事もみる

エンタメの主要なニュース

エンタメのニュース一覧へ

14時31分更新

エンタメのニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

記事検索