村上虹郎、離婚した父・淳&UAとは「どっちも仲がいい」

 俳優の村上虹郎(20)が6日放送のフジテレビ系「ボクらの時代」(日曜・前7時)に出演し、両親や仕事について語った。

 番組では俳優の浅野忠信(43)が「いま、一番会いたい2人」として、虹郎と映画監督で俳優の長谷井宏紀(42)を指名。フリートークを繰り広げた。

 俳優・村上淳(44)を父に、母に歌手・UA(45)を持つ虹郎は、2014年に公開された浅野の主演映画「私の男」で浅野と出会ったという。

 「試写に親父と行った。映画が終わって、父親が浅野さんに電話で『すごかった。ショーン・ペンを超えている』と話した後に、(自分に)替わった。『俳優やるの?』と浅野さんに聞かれ、『たぶん』と答えた。『はい』って言えない自分がいた」と浅野との“ファーストコンタクト”を振り返った。

 浅野に「役者をやっていこうと決めたきっかけ」を問われると、「自分の映画を見て悔しかった。もちろん、監督がOKしているから、OKなんだけど、お前まだできるだろう、と自分で思った。ツボにはまって(役者を)続けている。(作品を見ると)毎回悔しい」と父親と共演したデビュー作「2つ目の窓」を振り返った。

 一方、浅野は「俺は自分が大好きだから。俺はいいんだけど、お前まだ出来るだろうって、他の人に思っている。俺、すげえ嫌なヤツだったかも、子どものころ」と振り返って笑わせた。

 浅野と歌手・CHARA(49)の長女でモデルのSUMIREも、14年にファッション誌「装苑」の専属モデルとして活動をスタートしたが、虹郎はSUMIREと表紙で共演したことがあるという。その後、UAとCHARAの母親同士も音楽フェスで共演。15年に公開された映画「グラスホッパー」では、父親同士が共演するなど、浅野家と村上家の浅からぬ“縁”も明かされた。

 村上淳とUAは06年に離婚したが、虹郎は「どっちとも仲がいい」という。同業者として父親の淳に対しては「超えたい存在」。一方、UAについては「母親は超えるとかいう概念にない」と話した。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

スポーツ報知の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

エンタメのニュースランキング

ランキングの続きを見る

エンタメの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索