小室哲哉、KEIKOの回復明かす「今の私にあった曲なら唄えるよ〜と」

小室哲哉、KEIKOの回復明かす「今の私にあった曲なら唄えるよ〜と」

 音楽プロデューサーの小室哲哉(58)が9日、自身のツイッターを更新。2011年10月にくも膜下出血で倒れ、療養中の妻・KEIKO(44)が歌手活動に意欲を示し始めていることを明かした

 1995年8月9日発売の「Feel Like Dance」でデビューしたglobe。小室は「今日はglobeの誕生日!私のためにも音楽の仕事を頑張ってるって、言葉にする機会が増えてきた。ありがとう」とツイート。「発症後、より一層桂子は理解を深めている」とし、「最近、今の私にあった曲なら唄えるよ〜とも。桂子がkeikoになれるかもと、、僕こそ信じないとね!」と明かした。

 小室は6月11日のツイッターでもマスク姿のKEIKOが女の子と手をつないで歩く写真を投稿し「桂子の脳トレーニングにぴったり!」とつづっていた。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

スポーツ報知の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

エンタメのニュースランキング

ランキングの続きを見る

エンタメの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索