上白石萌歌、aiko名曲「カブトムシ」をカバー「大切に歌いました」

上白石萌歌、aiko名曲「カブトムシ」をカバー「大切に歌いました」

 女優の上白石萌歌(17)が、歌手・aiko(41)の代表曲「カブトムシ」をカバーしたことが9日、分かった。

 中学1年の時、シングル「初恋」(01年)を買ってもらって以来の大ファンとあって、大喜び。「私の青春はaikoさんでできている、と言っても過言ではないほど、私にとって特別な存在。リアルで鮮やかな歌詞や歌声に引き込まれ、今ではライブに足を運ぶほどです」と声を弾ませる。

 熊本・南阿蘇村を舞台に、「日本名水百選」にも選ばれた白川水源で、清流に足を入れて涼みながら、「カブトムシ」を歌唱。透き通った歌声が印象的だ。

 これは、11日スタートの「キリン 午後の紅茶」の新CM「おちつけ、恋心。」編の一コマ。女子高校生役の上白石は、好意を寄せる彼(井之脇海)への真っすぐな気持ちを歌うが、そこに同級生の友達(白石聖)が登場。「私も好きだから」と宣言され、突然のライバル登場に動揺してしまう―。

 前作のchara(49)の「やさしい気持ち」に続くカバー挑戦に、上白石は「『カブトムシ』を歌うことに責任を感じましたが、かみ締めて、大切に歌いました」。歌詞のフレーズに乗せて「生涯、忘れることはないでしょう(笑い)」と喜びを爆発させる。CM撮影を振り返り「私の中では一つの大切な作品。続編が決まった時は心からうれしく思いました。冬よりも、少し大人になった私を見ていただけるのではないかと思う」とコメントした。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

スポーツ報知の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

エンタメのニュースランキング

ランキングの続きを見る

エンタメの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索