秋田豊氏、「3−4−3でいけ!」W杯コロンビア戦へ大胆提言「5人守備で耐えろ」

秋田豊氏、「3−4−3でいけ!」W杯コロンビア戦へ大胆提言「5人守備で耐えろ」

 元日本代表DFでサッカー解説者の秋田豊氏(47)が13日放送のTBS系朝の情報番組「あさチャン!」(月〜金曜・前5時25分)に生出演し、ロシアW杯1次リーグH組の初戦・コロンビア戦(19日)は3−4−3のフォーメーションでいくべきだと提案した。

 日本代表は、前日に行われたロシアW杯開幕前最後の親善試合でパラグアイと対戦し、4―2で逆転勝ち。日本代表は、0−2で敗れたスイス戦(8日)から先発を10人変更した。

 西野朗監督(63)となってから初勝利したパラグアイ戦を「今までいいゲームを見ていなかったけど、昨日初めて西野ジャパンで明るい兆しが見えた」と振り返った秋田氏。これまで本田→柴崎、長谷部→山口、槙野→昌子、宇佐美→乾、酒井高→植田のスタメン入れ替えを提言していたため、したり顔を見せた。

 パラグアイ戦を「85点」と評価した秋田氏は、「前回スイス戦のメンバーと、今回のパラグアイ戦のメンバーをうまく融合させればコロンビアにも対抗できるチームになる」と断言。

 コロンビア戦のスタメンをGK東口の4−5−1フォーメーションと予想するも、「これだとコロンビア戦は耐え切れない」と分析し、GK東口、DF昌子、吉田、植田、MF長友、山口、柴崎、原口、FW乾、大迫、香川の3−4−3ならば「5人で守備できるので、(攻撃を)耐えてもらいたい」と提言した。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

スポーツ報知の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索