優れた経営者に贈られる「シーバスリーガル ゴールドシグネチャー・アワード2020 presented by GOETHE」の授賞式が14日、都内で行われ、特別審査員を務めた秋元康氏(61)、幻冬舎の見城徹社長(69)らが出席した。

 ユーチューバーを経営管理するUUUM・鎌田和樹氏(36)と対談した秋元氏は「ユーチューバーも作詞家も自称でなれる。居続けるのが大変だよね」と共感。見城氏は「この10年で30人を表彰させていただいた。あと10年くらいやりたい」と意欲的だった。