悪性リンパ腫で闘病中の元フジテレビでフリーの笠井信輔アナウンサー(56)が16日、自身のインスタグラムを更新。2クール目の抗がん剤治療の4日目を迎え、体の負担が大きいと本音を吐露した。

 13日に2クール目の抗がん剤治療を開始し、初日は「自分でも意外なのですが元気です」などと報告していた笠井アナ。2日目は「さすがに辛くなってきました。昨晩は元気だったのですが」と吐露し、むくみの予防措置で結婚指輪を外した写真を投稿していた。 この日は「しんどぉーーーーーーーーい」と、力が抜けた状態でベッドに横たわる写真を投稿。「もう夕方6時ですが朝食 昼食以外ずっと寝てます 何もする気になりません」と明かした。

 「私の場合、2回目の抗がん剤投与の方が辛いパターンのようです あと1日の辛抱です」と鼓舞しつつ「こんなに昼間寝てて夜眠れるのかちょっと心配だけどもね」とつづった。

 フォロワーからは「笠井さん、頑張れ頑張れ頑張れ」「必ず朝は来ますから!!」「辛い中インスタ更新ありがとうございます!!応援してます」「笠井さんがまた笑顔でTVに出る日を待ってます!」など激励のコメントが集まっている。