シンガー・ソングライターの岡崎体育(30)が11日、エディオンアリーナ大阪で、地元・関西では初の単独アリーナ公演を行った。

 この日のために書き下ろした新曲「Enter」で幕開け。新曲「Eagle」の初披露や「XXL」など16曲で魅了した。フェス形式をとり、バンド「ポテト探検隊」と、音楽ユニット「DJツキユビ with 主治医」にふんしてパフォーマンスし、ラストは岡崎本人が満を持して登場。5500人を熱狂させ、“凱旋公演”を飾った。